Metallica

目次

Metallicaのプロフィール

Metallicaは、ロサンゼルスで結成された、世界最大のモンスターヘヴィ・メタルバンドです。

1962年11月18日、リードギターのKirk Hammettがカリフォルニア州サンフランシスコで誕生。

1963年8月3日、ボーカルのJames Hetfieldがカリフォルニア州ダウニーで誕生。

1963年12月26日、ドラムのLars Ulrichがデンマークで誕生。

1980年夏、Lars Ulrichがプロテニスプレイヤーになるため、両親と共にカリフォルニア州ニューポートに引っ越し。

1981年10月28日、Lars Ulrichが地元新聞リサイクラーにメンバーを募集の公告を掲載し、連絡を取ってきたJames Hetfield、ギターのDave Mustaineとバンドを結成。

バンド名を「MetalMania」か「Metallica」で悩んだ末、「Metallica」とする。

1982年3月14日、アナハイムのThe Radio Cityで初ライブ。

1982年3月27日、ハリウッドのWhisky a Go GoでSaxonの前座でライブ。

1982年6月、様々なバンドを収録したコンピレーションアルバム「Metal Massacre I」に、初めてのオリジナル曲「Hit the Lights」を提供。口コミで話題を呼ぶ。

1982年7月、デモ「No Life ‘Til Leather」を録音。アンダーグラウンドで話題を呼ぶ。

1982年12月、メンバーがTraumaのライブを見に行き、Cliff Burtonのベースに度肝を抜かれ、即座に加入を打診。

Cliff Burtonは「ロサンゼルスじゃなくて俺の地元のサンフランシスコに来てくれるなら。」という条件でバンドに加入。

1983年2月、バンドがサンフランシスコに引っ越し。

1983年初頭、バンドはMegaforce Recordsと契約。

1983年4月11日、レコーディングセッションのためメンバー全員でニューヨークへ。

ニューヨークに到着したところで、アルコール、ドラッグで問題児だったDave Mustaineにクビを宣告。そのまま帰りのバスのチケットを渡す。

Dave MustaineはMetallicaに復讐を誓う。

1983年4月16日、元ExodusのKirk Hammettが加入。

1983年7月、デビューアルバム「Kill ‘Em All」をリリース。


Metallica Kill 'Em All

Metallica Kill 'Em All

アルバム「Kill ‘Em All」1983年

このアルバムには、元々Dave Mustaineが作曲した「The Mechanix」を改作した「The Four Horsemen」や「Jump in the Fire」「Metal Militia」、ライブでの定番曲「Seek & Destroy」などが収録されています。

今までのヘヴィ・メタルよりも過激なまでスピード感で、「パンクとヘヴィ・メタルの融合」として、荒削りながらもマニアの間で絶賛されました。

このアルバムではJames Hetfieldは高いキーで歌っています。

1983年7月下旬、Ravenとの共同ツアーを開催。

その後、Twisted SisterやVenomとヨーロッパツアーを開催。

ツアーが終了する頃にはアルバムは6万枚を売上げ(ブレイク後300万枚の売上げ)、世界的な知名度を上げる足がかりを作ったのでした。

このツアーの頃、ボーカルとギターの両立に不安を覚えたJames Hetfieldが、Armored SaintのJohn Bushにボーカルでの加入を依頼して断られる。

1984年7月、セカンドアルバム「Ride the Lightning」をリリース。


Metallica Ride the Lightning

Metallica Ride the Lightning

アルバム「Ride the Lightning」1984年

前作はストレートなスラッシュメタルだったのに対し、メンバーは音楽理論を学び、静かなイントロから、怒濤のリフ、テンポチェンジなど曲構成が劇的なものになりました。

アコースティックギターから始まり、怒濤のリフに突入する「Fight Fire with Fire」、ヘヴィな「For Whom the Bell Tolls」、ヘヴィバラード「Fade to Black」、ストレートなスラッシュソング「Creeping Death」など名曲が揃っています。

前作から飛躍して売上げが伸び、約50万枚を売上げ。全米48位を獲得。

1985年8月、モンスターズ・オブ・ロックにRattBon Joviの間に出演する。

1986年3月、アルバム「Master of Puppets」をリリース。


Metallica Master of Puppets

Metallica Master of Puppets

アルバム「Master of Puppets」1986年

このアルバムは前作の路線を更に研ぎ澄ませ、James Hetfieldのボーカルスタイルも野太い声になっています。

静と動の劇的な展開の「Battery」、全ヘヴィ・メタルのアンセム曲「Master of Puppets」、Cliff Burtonのベースが光る「Orion」、直球スラッシュの「Damage, Inc.」などアルバム全体が名曲で占められています。

まだまだアンダーグラウンドではありましたが、約50万枚、全米29位を獲得するなど、スラッシュメタルを定義した大名盤として、その地位を確固たるものにしたのでした。

1986年3月から8月まで、Ozzy Osbourneの前座として全米ツアー

1986年9月27日、スウェーデンをツアー中、移動に使用していたバスが横転。Cliff Burtonが下敷きになり死亡

その後、オーディションで元Flotsam and JetsamのJason Newstedが加入する。

1988年9月、アルバム「…And Justice for All」をリリース。


Metallica ...And Justice for All

Metallica ...And Justice for All

アルバム「…And Justice for All」1988年

このアルバムは、これまで以上に長く、複雑な展開の曲が多く、更に、ベースが全く聞こえないなど物議を呼ぶ内容となりました。

しかし、前作での評価と、ライブの評判も相まって、全米6位を記録しました。

また、収録曲「One」は、バンド初のプロモーションビデオが制作され、Metallicaを見たことがない層にまで認知されたのでした。

1989年2月、アルバムはグラミー賞内で新設された「ハードロック・メタル部門」にノミネートされ、授賞式でもパフォーマンスを任されました。

誰もがMetallicaが受賞するものだと思っていたところ、まさかのフルートロックのJethro Tullパイセンが受賞。大きな物議を醸す。

Jethro Tullですら受賞は無いと思い、授賞式を欠席していた。後に雑誌に「フルートは重くてメタルな楽器だ!」とジョークの広告を出す。)

1990年2月、ベストメタルパフォーマンスでグラミー賞を受賞。

1991年8月、アルバム「Metallica(The Black Album)」をリリース。


Metallica(The Black Album)

Metallica(The Black Album)

アルバム「Metallica(The Black Album)」1991年

このアルバムは、前作が長く複雑な曲が多い事への反発から、シンプルでテンポはスロー、早さよりもグルーヴに重きを置いて制作されました。

冒頭を飾る超有名曲「Enter Sandman」(全米16位)、グルーヴメタルの「Sad But True」など、ヘヴィーかつグルーヴィーな曲で占められ、90年代ロックの方向性を決定づけました。

アルバムは、1600万枚を売上げ、全米1位を獲得。

このアルバムを境として、多くのメタルバンドがスピードよりもグルーブに重きを置いたアルバムを次々と発表し、時代を変えたのでした。

1991年9月、モンスターズ・オブ・ロック・ツアーの一環として、ソヴィエトのモスクワでAC/DCと出演。

1992年2月、グラミー賞、アルバム「Metallica」がベストメタルパフォーマンスを受賞。Lars Ulrichは「Jethro Tullがアルバムを発表してなくて良かった。」とスピーチ。

1992年4月、フレディ・マーキュリー追悼コンサートに出演。

1992年8月、カナダのモントリオールにおいて、Guns’n’Rosesとのダブルヘッドラインコンサートを開催。

このライブでJames Hetfieldが演出の炎に巻き込まれて大やけど。途中でライブを切り上げる。

次に出番のGuns’n’RosesもAxlの喉を不調に途中で終了。怒った観客により暴動が発生。

1993年11月、ライブボックスセット「Live Shit: Binge & Purge」をリリース。


Metallica Live Shit: Binge & Purge

Metallica Live Shit: Binge & Purge

アルバム「Live Shit: Binge & Purge」1993年

このボックスセットは、初のライブ音源集で、「Metallica」のツアーの音源や、「…And Justice for All」ツアーからの映像が収められています。

1994年8月、Woodstock’94に出演。

1996年7月、アルバム「Load」をリリース。


Metallica Load

Metallica Load

アルバム「Load」1996年

このアルバムでは、80年代のスラッシュメタルの面影はなく、ロックやカントリー風な曲まで収録され、昔からのハードコアなファンからは物議を醸しました。

しかし、勢いに乗って約1000万枚を売り上げる。

1997年11月、アルバム「Reload」をリリース。


Metallica Reload

Metallica Reload

アルバム「Reload」1997年

このアルバムは、前作と同時期に録音されたもので、前作と同じ路線となっています。

「The Memory Remains」ではThe Rolling StonesのMick Jaggerの元カノMarianne Faithfullが参加。

1998年11月、カバーアルバム「Garage Inc.」をリリース。


Metallica Garage Inc.

Metallica Garage Inc.

アルバム「Garage Inc.」1998年

このアルバムは2枚組で、1枚目は、Diamond HeadBlack Sabbath、Mercyful Fate、Dischargeなど影響を受けたバンドの曲を収録しています。

2枚目は、1987年にリリースし、その後入手困難となっていた「The $5.98 E.P. – Garage Days Re-Revisited」をそのまま収録。

Anti-Nowhere League、Budgie、Queen、Blitzkriegなどマニアックな選曲となっています。

1999年11月、アルバム「S&M」をリリース。


Metallica S&M

Metallica S&M

アルバム「S&M」1999年

このアルバムは、サンフランシスコ交響楽団とのコンサートの模様が収録されており、今までの曲にオーケストラを加えたバージョンと2曲の新曲が収録されています。

2000年、無料音楽共有ソフトNapsterにMetallicaの曲が違法にアップロードされていることが判明。

Napsterを提訴するも、無料で曲を入手したい世間との間で社会問題にまで発展する。後にNapsterは破産。

2001年1月17日、サイドプロジェクトを認められなかったJason Newstedが脱退。

2001年7月、James Hetfieldがアル中のためリハビリ施設に入所。

2001年12月、James Hetfieldがリハビリ施設から復帰。

2003年2月、元Suicidal Tendencies、Ozzy Osbourne BandのRobert Trujilloが加入。

2003年6月、アルバム「St. Anger」をリリース。


Metallica St. Anger

Metallica St. Anger

アルバム「St. Anger」2003年

このアルバムは、バンドの解散の危機を乗り越え、何とか完成こぎ着けたアルバムでした。

リフに次ぐリフで構成され、ギターソロは一切なし、ドラムサウンドも生々しいもので4人がジャムをしているようなサウンドになりました。

生々しいサウンドが賛否両論を呼びましたが、14カ国でナンバー1を獲得しました。

2004年1月、「St. Anger」の制作過程を追ったドキュメンタリー「Some Kind of Monster」をリリース。


Metallica Some Kind of Monster

Metallica Some Kind of Monster

DVD「Some Kind of Monster」2004年

このドキュメンタリーは、アルバム制作の過程で巻き起こったベースの交代やリハビリ、バンド解散の危機、セラピストを入れての関係修復など、バンドの苦難の様子が収録されています。

2004年6月、イギリスでのダウンロードフェスティバルに出演。

ライブ前にLars Ulrichが不安症により病院に搬送。代わりにフェスティバルに出ていたSlayerのDave LombardoとSlipknotのJoey Jordisonが代役を務める。

2008年12月、アルバム「Death Magnetic」をリリース。


Metallica Death Magnetic

Metallica Death Magnetic

アルバム「Death Magnetic」2008年

このアルバムは、久々に原点回帰を目指したアルバムでスラッシュメタルの曲も多く収録されました。

2009年4月、ロックの殿堂入り。

2010年6月、スラッシュメタルビッグ4のAnthraxSlayerMegadeath、Metallicaで合同のライブをブルガリアで開催。


Big 4: Live From Sofia Bulgaria

Big 4: Live From Sofia Bulgaria

DVD「Big 4: Live From Sofia Bulgaria」2010年

2011年11月、アルバム「Lulu」をリリース。


Metallica Lulu

Metallica Lulu

アルバム「Lulu」2011年

このアルバムは、Lou Reedとのコラボレーションアルバムで、突如として発表されたコラボレーションにファンは戸惑いました。

2013年12月、南極大陸でのライブを開催。全大陸でのライブを達成。

2016年11月、アルバム「Hardwired… to Self-Destruct」をリリース。


Metallica Hardwired... to Self-Destruct

Metallica Hardwired... to Self-Destruct

アルバム「Hardwired… to Self-Destruct」2016年

このアルバムは、前作に引き続き、スラッシュソングやヘヴィな曲など、期待を裏切らない充実した内容となりました。このアルバムで6作連続1位を獲得。

世界最大のヘヴィ・メタルバンドは精力的にライブを行っており、今後の活躍にも期待したいです。

Metallicaが影響を受けたアーティスト

Metallicaに影響を受けたアーティスト

よかったらシェアしてね!

新規会員登録

名盤にレビュー、採点して自分だけのラックを作ろう!

新規会員登録